2021年はデコだしにチャレンジ!おすすめアレンジ3選をご紹介!

顔全体が見えてしまう事や、恥ずかしいなどの理由でおでこを出すのに少し抵抗はありませんか?

ですが、ヘアアレンジが可愛かったり、上手くできていたりすると自信が湧きますよね。

そして周囲からも「おしゃれ」「可愛い」と思われます。

見た目が良ければデコだしヘアの抵抗はなくなるので不安になる必要はありません。

自信を持てるようになれば不安がなくなる事は理解したけど、アレンジのやり方が分からないが、次の悩みだと思います。

アレンジは初心者の方でも簡単にできるものから少し凝った物まで沢山ありますよ。

ねじり前髪でデコだしアレンジ

ねじり前髪は簡単にできて、尚且つおしゃれな人気アレンジですよね。

このアレンジは前髪をねじって留めるだけの作業です。

前髪が短いとねじれないからできないの?
と思いますよね?

実は短くてもできます。
サイドの髪の毛を少し持ってきて一緒にねじると長さがでるのでやりやすいです。

ねじらず編み込みをしても可愛いですよ。

初心者の方でもやりやすいので是非試してみてください。

《ねじり前髪》

前髪が短くてお悩みの方はセンターで左右に分ける方法もありますよ。

出典:https://www.instagram.com/p/B_UkhD5Hg8w/?igshid=19ho5sif2xmv1

小物でデコだしをする

前髪ってまとめるのは難しいですし、上にあげても落ちてきてしまいますよね?

だからデコだしアレンジを避けているという方も多くいらっしゃると思います。

そんな時は小物を使うといいですよ。デコだしアレンジに使用する小物は

  • カチューシャ
  • ヘアバンド
  • ピン
  • 帽子

などです。

どれも前髪のアレンジ以外で使用した事があるのではないでしょうか?

これらの小物は前髪にも使えます。カチューシャやヘアバンド、帽子は前髪を入れ込むとおでこが出ますし、スッキリして見えます。

更にワックスやヘアスプレーを使うとまとまりが良くなりますよ。

《カチューシャ》

デコだしアレンジでカチューシャを使う場合は、少し太めの物や写真のようにしっかりとしたタイプを選ぶとアレンジしやすいです。

出典:https://www.instagram.com/p/CJqhiVCjRKB/?igshid=npt7dgvk3hxu

《ヘアバンド》

前髪の長い方も小物を使うと同じデコだしでも雰囲気が変わりますよ。

出典:https://www.instagram.com/p/CFo1PAQgpMl/?igshid=1rs2mmy15xc4r

《ピン》

細いピンを何本か使うとしっかりと留めれますし、オシャレ度が増しますよ。

出典:https://www.instagram.com/p/B_v2T63BVXN/?igshid=1esdylhz1x4yq

《帽子》

帽子の中に前髪を入れると綺麗におでこが出せます。

出典:https://www.instagram.com/p/B_P0gCNDdq2/?igshid=1j71qpaiq9f9w

かきあげてでこだしをしよう

結んだり、留めたりしなくてもアレンジできます。

その方法はかきあげ前髪です。かきあげ前髪は、上品さや大人っぽさを出せるアレンジです。

かきあげる時は前髪を下から上にドライヤーで跡をつけます。

そして、ヘアアイロンなどで更にかきあげます。この時にワックスやヘアスプレーを使うとのちのち、落ちてこないですよ。

かきあげ前髪は左右どちらかにかきあげるイメージがあると思いますが、センターでわけてかきあげるアレンジ方法もあります。

センターで書き分けるとより垢抜け女子らしさが出ておしゃれなので是非試してみてくださいね。また、左右で行う場合は7:3が落ち着いて見えます。

《7:3かきあげ前髪》

かきあげる方向は、左右どちらでも可能です。分け目や髪のクセに合わせてやりやすい方にしましょう。

出典:https://www.instagram.com/p/CFHhNXKBD2o/?igshid=1e9dhltqzi8og

《センターわけ》

左右にかき分けて流すイメージです。

出典:https://www.instagram.com/p/CFqxPYPDca3/?igshid=wp20x7clj70

2021年はデコだしアレンジにチャレンジしよう

アレンジの仕方一つで女の子らしさ、エレガントさが変わります。

そして、前髪が短くても長くてもできます。
前髪が短い方は小物を使うとデコだしがしやすいです。

是非、2021年はデコだしをしておしゃれ女子を目指してみてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。