洗い流さないトリートメントメンズ用を3選ご紹介!使い方も伝授

洗い流さないトリートメントは、メンズ用も販売されているのはご存じですか?
女性の場合、シャンプーのあとにリンスやコンディショナーなどケアをしますよね。

しかし、男性の場合シャンプーだけで済ませる方が多いのではないでしょうか?
リンスインシャンプーや髪と身体に一緒に使うことができる商品もありますもんね。

でも、将来のことを考えて今からケアをしておくのがおすすめですよ。
トラブルが起きてから後悔しても遅いですからね!

そこで、今回は手軽に使える洗い流さないトリートメントのメンズおすすめ3選をご紹介します。
また、使い方も伝授しますよ。

初めて使うという方に必見です!最後までご覧下さい。

[toc]

女性用とメンズ用洗い流さないトリートメントとの違いは?

女性用とメンズ用の洗い流さないトリートメントの違いはあるのでしょうか。
同じ商品なら、女性用でもいいような気が・・・

と思っている方もいると思います。
では、なぜ女性用・メンズ用と別れているのかというと、代表的な理由として、「髪質」があげられます。

男性と女性では、頭皮や髪質が異なるんです。そのため、今の自分髪質に合わせて選ぶようにして下さい。

メンズ用では、軟毛や剛毛に合わせて作られています。
どちらも男性の髪質にありがちなので、見つけやすくなっています。

そして、もう1つの理由は「ワックスとの併用」です。
男性はヘアワックスを使う方が多いです。

そのヘアワックスと併用して使うことができるトリートメントがたくさん販売されているんですよ。
女性用だと、併用ができない商品が多く、ワックスとの相性が悪いと、しっかりと塗れなかったり、
ベタベタな髪になってしまうんです。

この2つがメンズ用と女性用の違いといえます。


メンズの洗い流さないトリートメントおすすめ3選をご紹介!


ここからは、メンズの洗い流さないトリートメント3選をご紹介しますよ。
使ったことがあるものや知らなかったものもあるかもしれません。

人気を集めているトリートメントばかりなので気になる方は、ぜひ参考に試してみましょう。

P&G h&s PRO メンズ トリートメント スカルプ&ヘアチャージャー

 

 

まず始めにご紹介するのが、「P&G h&s PRO メンズ トリートメント スカルプ&ヘアチャージャー」です。
傷んでしまったダメージヘアに最適なトリートメントです。
細い髪質・枝毛に悩んでいる方に特におすすめされているんです。

スカルプケアで髪だけでなく頭皮までもダメージ重視している商品なんです。

そして、1本1本太くすることで、ボリュームアップが期待できます。
髪の量が増えるのは嬉しいポイントですよね!

じっくり、しっかりとダメージケアをしてくれつつ、見た目のボリュームも変わるので、
ヘアセットが楽しくなること間違いなしですよ。

リップス メンズヘアオイルNタイプ

次にご紹介するのは「リップス メンズヘアオイルNタイプ」です。
美容室で誕生した商品で、7種類の植物オイルを配合した洗い流さないトリートメントです。

スタイリング剤としても使うことができる優れものなんですよ。
ヘアワックスとの併用も可能となっています。

髪がサラサラになるのが特徴なんです!
さらに、使っても手がべたつく心配がないので、いつでもどこでも使用できるのがポイント。

やや軽めのテクスチャーなので、フワッとまとめることができますよ。
激しい動きをしない限りは、1日中まとまった状態を維持できるんです。
まさに魅力的な商品ですね!

ミルボン ディーセス エルジューダ MO

最後にご紹介するのは「ミルボン ディーセス エルジューダ MO」です。
こちらの商品は、オイルが重めなので、しっかりとまとめたい方におすすめされています。

しかし、オイルが重めといってもサラサラ感は忘れていないので、髪を柔らかく自然な仕上がりにしてくれるんです!

女性用でもあるブランドなので、香りが甘めです。
そのため香りで好き嫌いが別れてしまうかもしれませんね。

メンズの洗い流さないトリートメントの使い方について

洗い流さないトリートメントの使い方をご紹介しますね。
使う場合は、お風呂上りがいいです。
上がったら水気をタオルでしっかりとふき取りましょう。

水分が残った状態でトリートメントをつけてしまうと成分が髪に浸透しにくくなるんです。

拭きとったら、トリートメントを髪全体に馴染ませて下さい。
そのあと、2~3分放置してドライヤーで乾かして下さいね。

ドライヤーをするときにブラシなどを使うと、より馴染みがよくなりますよ!


メンズ洗い流さないトリートメントはおすすめ!1度は使用してみよう

メンズの洗い流さないトリートメントをご紹介しました。
今回はご紹介出来なかった商品もまだまだたくさんあります。

特徴などのそれぞれ異なりますので、自分の髪に合ったトリートメントを選ぶと間違いないですね。

スタイリングがしやすくなったり、髪へのダメージも減るので、ぜひ洗い流さないトリートメントでヘアケアをしてみてはいかがでしょうか。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。