冬の乾燥に負けない髪を作ろう!対処法なども一挙ご紹介

冬の寒い時期は乾燥しやすく、肌トラブルや髪トラブルなど気になる季節ですよね。
肌のケアは怠れないと、保湿などしっかりとお手入れをしている方も多いでしょう。

しかし、髪の毛はどうですか?
肌ばかりに一生懸命になって、髪の毛をケアを忘れていませんか?
私もその1人ですが、冬は毎朝パサパサしたり、ごわごわしたりしてセットをするのが大変でした。

冬の乾燥に弱い髪の毛は、放っておくと取り返しのつかないことになります。
そこで今回は、原因と対策をご紹介しますよ。

乾燥に負けない美しい髪の毛を手に入れましょう!

[toc]

冬に髪が乾燥する原因

髪はなぜ冬に乾燥してしまうのでしょう。
髪の毛が乾燥すると、どのような状態になるのかみなさんは知っていますか?

 

①ザラザラな髪質になる

②髪の毛がよく絡まりやすくなる

③まとまりのない髪になる

 

この3点に当てはまる場合は、髪の毛が乾燥している証拠です。

冬は気温が下がりますよね?
そのため空気中の水分が低下してしまうのです。

実は髪の毛は空気中の水分でうるおいを保っているのですが、水分がなくなってしまうと、
潤うことができず、乾燥してしまうのです。

また、寒さを感じると全身の血管が収縮します。
血管が収縮すると同時に熱を外に出さないようにするので、血行不良が起きてしまいます。

血行が悪くなると髪の毛に栄養が回らなくなり、髪や頭皮にハリやコシがなくなってしまうのです。

その他にも、暖房の影響・シャワーの時の熱いお湯・長時間のドライヤーがあげられます。
冬は寒いので、必要以上に熱いものを使ってしまいがちですよね。

それは、髪に悪い影響を与えているので、適度を守りましょう!

 

髪の毛を冬の乾燥から守る!対処法をご紹介

 

ここからは、乾燥から髪を守るために対処法を8つご紹介します。
これさえ守れば、冬も怖くないですね!

肌のお手入れと同じように、髪の毛のお手入れもしてみましょう。

髪のケアをしっかりとする

 

まず1つ目の対処法は、髪のケアをしっかりとすることが大事です。
ケアは冬だけではなく、1年中することが大切ですが、冬は特にして下さいね。

日ごろから、しっかりとケアができていると乾燥に負けない強い髪の毛になりますよ。
シャンプーはみなさんどんなものを選びますか?実は、これもケアの1つです。

乾燥時期には、「うるおいを与えてくれるシャンプー」を選んで下さい。
プラスでヒアルロン酸やコラーゲンが配合されているシャンプーを使えば、
うるおいたっぷりのつやつや髪を手に入れることができますよ。

心配な場合は、美容師さんに聞いてみるのもおすすめです。
自分に合ったシャンプーなら間違いありません。

そして、ヘアブラシを使うことも忘れてはいけません。
絡まりもほどいてくれますし、静電気対策にもなりますよ。

 

直接暖房に当たらない

 

2つ目の対処法は、「直接暖房の風に当たらない」です。
暖房の風をずっと浴びてしまうと、うるおいがなくなり、パサパサの髪質になってしまいます。

暖房の風向きを一定にしないようにしたり、風が当たる場所に長時間いないように心掛けましょう。

 

部屋の湿度

 

3つ目の対処法は、「部屋の湿度管理」です。
冬は、湿度の管理が重要になります。
部屋が乾いていると、部屋の中でも髪や肌が乾燥してしまうのです。

そのため、加湿器を置くのがおすすめですよ。
もしお家に加湿器がない場合は、コップに水を入れて、テーブルの上や枕元置くことで、湿度を調整することができます。

とても簡単ですよね。意外と効果が得られるので、ぜひ試してみて下さい!

 

シャンプーの仕方

 

4つ目の対処法は、「シャンプーの方法」です。
まず、熱いお湯で洗うのはNGです。温度は38℃が髪の毛に適しているんです。

寒い時期に熱いお湯を浴びたいのは分かるのですが、髪のことを考えて38℃を目安に温度の調整をして下さいね。

そして、シャンプーはよく泡立ててから頭につけて洗いましょう。
泡立てないと、髪の毛同士が摩擦を起こし、髪の表面が傷ついてしまいます。

その傷ついた部分から内部の水分が出てきてしまい、乾燥の原因になってしまうのです。
肌と同じように、しっかりと泡立てて優しく洗ってくださいね。

 

ドライヤーの仕方

 

5つ目の対処法は「ドライヤーの方法」です。
正しい方法でドライヤーを使えば、乾燥予防や対処ができます。

ドライヤーを使う時は長い時間使用しないことが大切なんです。
さきほども暖房の風を当てすぎないと説明しましたが、それと一緒です。

熱い風を当てすぎないようにして下さい。
やり方としては、最初に内側から始めて徐々に表面を乾かしていきます。

ドライヤーの仕上げに「冷風」を当てることで、キューティクルがしまり、
より乾燥しにくい髪になります。

 

多めに水分をとる

 

6つ目の対処法は「水分をたくさんとる」です。
冬は水分不足になりがちなので、髪の毛に十分なうるおいがいきわたりません。

水分が足りなくなると、脱力感や疲労感など髪だけではなく、身体も不調を起こしてしまうので、
こまめに水分をとるように心掛けて下さいね。

 

血行をよくする

 

7つ目の対処法は「血行をよくすること」です。
血行をよくするには、頭皮マッサージがおすすめですよ。
血行だけではなく、抜け毛防止や乾燥対策と嬉しいことだらけです。

美容室で、ヘッドスパもいいですが、シャンプーの時に自分でやるのもおすすめです。
優しく頭をマッサージして下さいね。

マッサージ以外にも、ゆっくりと入浴するのもいいですよ。
身体の芯から温めることで血行が良くなります。

入浴中のお風呂場は、湿度が高い状態なので髪の毛にはもってこいの場所といえます。

 

ヘアカラーを暗めにする

 

最後の対処法は「いつもよりも髪の色を暗くする」です。
乾燥を防ぐ対処法ではないのですが、髪色を暗めにすることで、パサついて見えないのがポイントです。

どうしても早めにパサパサの髪の毛をどうにかしたい!と悩んでいる方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

冬が来ても大丈夫!乾燥に強い髪の毛を作ろう

 

今回は、冬の乾燥に負けない髪の毛作りについてご紹介しました。
乾燥は女性の天敵とも言えますが、ケア次第では十分に勝てるんです。

肌だけではなく、頭皮や髪の毛もしっかりといたわり、お手入れをしてあげましょう。

ツヤツヤうるおいたっぷりの髪の毛を手に入れてみませんか?

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。