モテる女性のテクニック~あざとい女を作る方法

突然ですが、「あざとい」という言葉の意味ご存知ですか?
「あざとい」というと、タチが悪いや、計算高いといったマイナス用語に捉われがちですが、実際にはマイナス用語ではありません。

あざとさからくる仕草や、言動に多数の男性はグッとくる方もいて、あざとい女性がモテるとここ最近では言われています。
実際に、私も「あざとさが欲しいな」と思ったことがありました。
「あざとさがあれば可愛く思われるのかな」と感じていた頃が懐かしいです。
本日は、あざとい女になるためにはどうしたらいいのか、意識すべき事をまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

[toc]

 

 

ボディタッチをする

 

あざとい行動の定番ともいえるボディタッチは男性をドキッとさせます。
しかし、あまりにもしつこくわざとらしすぎるボディタッチは嫌われてしまうので、注意しましょう。

自然にと言われると難しく感じますが、例えば何かを受け渡しをする際に手が少し触れるだけでも男性は意識してしまいます。
また、隣同士に座っていたら自然にもたれかかるように寄りかかりましょう。
肩と肩が触れ合うだけで距離がグッと縮まります。

 

相手に特別感を与える

 

あざとさの注意しなければならばい点は、誰に対しても同じような行動や言動をしてると思われてしまう事です。
男性は、特別感を好みます。

そのため、男性との会話で、「普段私あまり恥ずかしくて言えないんだけど…」とあなただから話せるんだよという意味を男性に伝えたら「自分には心開いてくれるんだ」と意識してくれるようになるでしょう。
自分だけ特別という事が男性にとっては嬉しいので意識して話してみる事をおすすめします。

 

ポジティブ思考

 

男性は、一緒にいて楽しい女性を好みます。
話をしていて愚痴や悪口ばかりいう人は、男性、女性関係なく気分が悪くなってしまいますよね。
マイナス思考な発言をする女性より、会話中によく笑ってくれる女性を「明るくて楽しい人だな」と好印象を持ってくれます。

日々、マイナスな発言ばかりしているなと心当たりがある方は、その場だけ気をつけていても自然にボロがでてしまうものなので、日頃の生活で愚痴や悪口などといったマイナスな発言をしないように気をつけましょう。

 

褒め上手になる

 

褒められて嫌な気になる人はいません。
男性は特に、褒められると認められていると、とても嬉しく思います。

しかし、とにかく褒めまくればいいという問題ではありません。
なんでもかんでも褒め言葉を並べていると、「本当に思ってくれているのかな」と不信に思われてしまう可能性があります。
せっかく気持ちを伝えても言葉が軽くなってしまわないよう、褒め上手になるようにしましょう。

会話中に自然な流れで男性の尊敬できる部分を感じたら「○○さん本当に尊敬出来ます」、「○○さんにしか出来ない仕事ですね」などと素直な気持ちを伝えてあげましょう。

 

メイクを変える

 

あざと可愛いと思われる女性はメイクの仕方にも共通していました。
男性は個人差があるかもしれませんが、濃いメイクよりナチュラルな女性らしいメイクを好みます。
自分自身のメイクを見直し、濃いめかなと感じたら、思い切ってメイクを変えるというのも1つの手です。

あざとい女性のメイクというのはどういったものなのか気になりますよね。
目元のアイシャドウは薄めのブラウンがおすすめです。
リップは薄めのピンクで潤い重視を意識しましょう。
メイクの仕方で印象が全然違うので、メイクの研究をてみてもいいかもしれません。

 

まとめ

 

あざとい女を作る方法についてまとめていきました。
あざとい女になるポイントは、
ボディタッチをする
相手に特別感を与える
ポジティブ思考
褒め上手になる
メイクを変える
上記の5つです。

あざとさでモテるには、何に対しても、しつこく、わざとらしくないようにする事が重要となってきます。
計算高く思われないよう、自然に振舞えるように意識しましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。