ナチュラルメイクのアイメイクのやり方5選

ナチュラルメイクに挑戦したいけれどどうしても濃いアイメイクになってしまう…

そんな悩みを抱えている方は多いでしょう。

実際に私自身もメイクをし始めた頃からメイクは濃いめで派手でした。

現在は年齢を重ね、ママとなったので自然な優しい雰囲気のあるナチュラルメイクにしたいなと思っているのですが、なかなか最初は上手くいかないんですよね。

本日は、ナチュラルメイクのアイメイク方法をまとめてみました。

 

[toc]

 

1.アイシャドウはラメが強くないカラーを使用


アイシャドウを選ぶ時のポイントはラメが強いアイシャドウを避けましょう。

適度な薄っすらとラメがあるアイシャドウはとても可愛らしく女性らしさがでますが、ラメが強すぎてしまうと目元の印象が強くなってしまいます。

優しいナチュラルな感じを出したいのであれば、ブラウンやピンク系などのアイシャドウを選ぶ事をおすすめします。

アイシャドウ全てにおいて言える事なのですが、優しくポンポンポンと瞼の上に乗せる感じで十分目元が綺麗に見えます。

濃く重ね塗りしないよう気をつけましょう。

 

2.アイライナーはまつ毛の隙間を埋めるように


アイライナーの引き方が重要となってきます。

ナチュラルに見せるアイライナーの引き方は、目に沿って描くというイメージよりかは、まつ毛の隙間を埋めるように引くだけで自然なアイメイクが出来ます。

目の形に沿って描いたら濃いアイメイクになりがちですので、注意が必要です。

今までアイライナーをしっかりと引いて描いていた方からしたら少し物足りなさを感じられるかもしれません。

ですが、まつ毛の隙間を埋めるだけで目元は大きく見え、不自然に見えないので好印象を持たれます。

3.アイライナーのカラーはブラウン


ナチュラルに仕上げるならアイライナーのカラーをブラウンにしましょう。

よくブラックを使用する方が多く、昔からアイライナーはブラックという印象が強いです。

その他にもここ最近では様々なカラーのアイライナーが出ています。

赤やピンクなど可愛いカラーが多いですが、ナチュラルなアイメイクにおすすめなのはやはりブラウンです。

ブラックやその他のカラーでアイライナーを引いてしまうと目元が強調され、クールな印象となります。

ブラウンでアイライナーを引く事によって、どの髪色にも相性が良く、ナチュラルな自然な仕上がりになるのでおすすめです。

 

4.涙袋の線を濃く描かない


涙袋は女性の憧れといわれています。

最近では、涙袋を描いて目元を大きく見せるメイクが流行っています。

しかし、一歩間違えると派手な濃いメイクになってしまうので涙袋を描く際にもポイントがあります。

涙袋を描く際に皆さんが使用するメイク用品といえばアイライナーを想像しますが、ナチュラルな仕上がりを求めるならアイブロウペンシルを使用するのがおすすめです。

薄く涙袋を描いたらその上からハイライトで使用するパウダーを軽く乗せてあげる事で自然な仕上がりになります。

 

5.マスカラは目頭から目尻まで


ナチュラルメイクで一番難しいのがマスカラです。

マスカラを濃く付けてしまうと派手な印象となってしまい、ナチュラルメイクを意識していた事が無意味になってしまう可能性もあり得ます。

マスカラをするのに気をつけたいポイントは、まんべんなくしっかりと付けましょう。

1箇所だけに付いていたりしてしまうとダマになり、まつ毛が固まってしまいます。

汚く見えてしまうので何回も重ね塗りせず、目頭から目尻までしっかりと塗りましょう。

マスカラの色はブラックよりもブラウンにするとよりナチュラルになり、可愛らしい顔に仕上がります。

  1. この記事へのコメントはありません。